読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンディが安い店です

おすすめ
石臼にしようかと悩んでいましたが、十分満足しています。思っていたより手動では、やはり大変でした。最初、粗くひき、もう一度、通して、細かい粉にひきました。

コレです!

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

ハンディ宝田 製粉機 手回し粉ひきハンディII [r10][s1-120]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

まだまだ!可能性も広がっていくことだと思います。今回はどうもありがとうございました。本日早速試運転したところ希望通りの細精粉ができ!大変満足しています。感謝しています。そばの殻を取る作用が理解できました。少しくたびれますがゴリゴリ楽しいですよ。どうもありがとうございました。庭で育てている小麦が色づいてきました。今日、試験運転として、玄米を粉にしました。素材が加工されて、粉になっていく過程はわくわくするものです。(鹿児島です)家庭菜園で栽培した蕎麦粉を製粉しましたが!想像したとおりの出来上がりです。次の日は1kgの玄そばから800gのそば粉ができました。高くても電動の方が良いかと思いました。今までに石臼や絞り器等に興味があって使用しましたが!永続性の物はありませんでした。所要時間は2時間(掃除込み)でした。自家製の蕎麦の実を製粉しました。製粉の実使用後にその結果について記載しますのでもう少しお待ちください。手動よりも電動のほうが楽に手軽に製粉できることはわかっていましたので!実際のところは悩むところではありましたが!電気が使えない状況下などの時も考えるとそれはそれで不便だと感じ!周囲の状況に影響を受けにくい!左右されにくい手動を今回は!初めてということもあり!選びました。近所の人も風味があっておいしいと言ってくれました。ただ!実際!当たり前の日常として日本でも石臼で小麦や大豆を粉にして暮らしを成り立たせていた人たちの「製粉することへの苦労」というものをこの肌で感じてみたかったというのもあります。実際に使用してみた実感ですが!最初はすべてが初めての経験でしたので!粉の粗さの微調整に苦労しましたが!要領さえつかめれば!意外と粒子の細かな粉へと製粉できたことに感動を覚えました。わくわくしています。調整ねじを半回転開にして2回目の製粉で150gの粉!3回目の製粉は調整ねじを微開にして100gの粉!合計で400gのそば粉ができました。我が家で使う分くらいはこれで十分でした。この品物は私にとって非常に相性がいいようです。疲れました。動力付き!石臼までも検討しましたが!コンパクトでしまい込まずに使えるこちらを購入。でも、自家製のそばを作りという手作り感は、味わうことができました。蕎麦の実の収穫がまだ完了していないので使用しいません。やや疲れましたが!満足するできでした。。長い通販生活の中で!最も早い到着でした。何か月も考えたうえで!手回しの製粉機を購入しました。カップ1杯分を粉にするのに!10分くらいかかりました。また何かありましたら!何卒よろしくお願いいたします。土曜日の午後に注文し!日曜日の午後には到着しました。どうしても!電動ではなくて!手動による製粉をしたい素材がありましたので!探していたところ!今回!購入させていただきましたこちらの製粉機に出合いました。取扱説明書にもとづいて分解してみました。手打ちうどんを作るかベーグルを焼くか!元気があれば両方…。定年退職者が使用する製粉機としては、大変良いのではないかと思います。旅行不在で返事おくれてすみませんでした。いわゆる田舎そばといわれるもので、二八そばにして食べましたが、大変おいしいそばとなりました。ただし!大量(蕎麦粉の場合!1回500g程度)の製粉は非常に腕が疲れますので!モーター式をお勧めします。殻のついた玄そば500g(ホッパーにほぼ1杯)を!調整ねじ1回転開でひいて!ふるいを駆使してそば殻とそば粉に分離すると!150gの粉(40メッシュ)できました。米粉を作りたくて購入しました。